抗真菌薬とは主に水虫治療に使われるものです。一般の薬局などで買える薬から、病院で処方箋が必要な薬まで様々な種類があります。ここでは、抗真菌薬とは何かについてご紹介します。水虫を倒す方法について学びましょう。

トリアゾール系抗真菌薬

きれいな脚と菊の花

真菌感染症は水虫やカンジダ症に代表される比較的よく知られている感染症であり、白癬菌やカンジダ菌などの真菌が原因となって発症します。
水虫は古くから不治の病ということも言われていたほどに治療が難しい病気であるという理解がなされてきましたが、それは有効な治療薬が開発されていなかったからでした。
しかし、近年になって有効性の高い抗真菌薬が市場に登場してきたことにより、水虫を含む多くの真菌感染症は完治できるものとなっています。

トリアゾール系抗真菌薬はその代表的なものであり、多くの真菌感染症の治療に用いられています。
トリアゾール系抗真菌薬は真菌の増殖抑制を行うだけでなく、殺菌的にも働くというのが強力な面であり、それによって真菌を完全に根滅させることが可能になっています。
トリアゾール系抗真菌薬が真菌に対して作用するメカニズムはエルゴステロールの合成を阻害することによります。
エルゴステロールは真菌が細胞膜の成分としてもっているものであり、人の場合にはエルゴステロールを必要としません。
そのため、真菌に特有のエルゴステロールの合成を抑制することにより、真菌が増殖する際に必要なエルゴステロールを減らしてしまうことによって増殖できなくしてしまうことができます。

こういった真菌に特有の機構をターゲットとしていることから、副作用が少ないというのがトリアゾール系抗真菌薬のメリットです。
真菌を根滅するためには長期間の使用をすることは避けられないため、その間に副作用が出てきてしまうと治療を続けにくくなってしまいます。
しかし、副作用が少ないトリアゾール系抗真菌薬を用いればそういったリスクが低く、完治に向けて治療を続けていくことができます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧