抗真菌薬とは主に水虫治療に使われるものです。一般の薬局などで買える薬から、病院で処方箋が必要な薬まで様々な種類があります。ここでは、抗真菌薬とは何かについてご紹介します。水虫を倒す方法について学びましょう。

  • ホーム
  • ポリエンマクロライド系抗真菌薬

ポリエンマクロライド系抗真菌薬

女性の脚と紫の花

ポリエンマクロライド系抗真菌薬は真菌に対する治療薬であり、アゾール系、キャンディン系などの系統のひとつとなります。
真菌はカビの専門的な名称で、空気中にも存在していますが、体内にも様々な菌種が存在しています。
真菌が感染しただけでは症状は現れませんが、抗生物質を服用して免疫力が低下したり、体力低下、疲労などによって一時的に体調不良に陥ると、真菌が活性化して増殖することがあります。
こうした症状を治療するために使用されるのが、真菌にのみ効果を発揮する抗真菌薬です。

ポリエンマクロライド系抗真菌薬はポリエン系抗生物質とも呼ばれ、真菌の細胞膜を構成する物質のエルゴステロールに結合し、細胞膜に穴を開けることで細胞内の成分を漏出させ、真菌を死滅させるように殺菌的な作用を示します。
ポリエンマクロライド系抗真菌薬の主要成分は、ナイスタチン、リポソームアムホテリシンB、アムホテリシンBがあり、基本的に塗り薬はありません。
適応するのはカンジダ、クリプトコックス、アスペルギルスの深在性真菌症に関わる真菌で、飲み薬または注射によって治療を行います。
強力な抗真菌活性をもちますが、飲み薬では体内にほとんど吸収されない性質を持つことから、飲み薬の適応は消化管のカンジダだけになっています。
同一成分の注射薬によって、全身性の真菌症に対応しますが、抗真菌作用は濃度依存となるため、年齢や症状により適宜増減され、選択毒性が低く副作用も強いことからあまり使用されることはありません。
飲み薬であれば、体内に吸収されにくいことから副作用は少ないですが、発熱や発疹などの過敏症、腹痛、下痢、胃痛などの消化器系の症状が現れることがあります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧